スルフォラファンサプリランキング@肝臓におすすめはどれ?

スルフォラファンサプリランキング@肝臓におすすめはどれ?

スルフォラファンで解毒酵素を高める

 

お酒を飲んだり薬を飲んだり食事をしたり生活する上で日々体内には有毒物質を取り入れてしまいます。それによって体内ではアンモニアなどが作られてしまいますが、それらを分解して無毒化し尿として排出する働きを肝臓が行っています。つまり肝臓は身体にとって非常に重要な器官だということを覚えておきましょう。

 

ただ、健康ならいいのですが日本人の4人に1人は肝臓にトラブルを抱えており、さらに沈黙の臓器といわれていますので自覚症状が出るとかなり病気が進行していたりします。年々増加している肝臓のトラブルですがお酒など飲む方は常に注意をしておく必要があります。アルコールの場合、肝臓に入ったらアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに分解され、そこから酢酸、水、二酸化炭素等といった物質に分解されます。つまりアルコール脱水素酵素が非常に重要な働きをしますが、日本人の約半分はこの働きが弱かったり欠損していたりします。

 

じゃあこの働きを活性化させるにはどうすればいいのかというとスルフォラファンの摂取をオススメします。それによって酵素の働きを高めるので改善されますし、さらに発がん性物質を排出する働きもありますので健康的には非常にいい成分だといえます。今ではサプリメントなどでも摂取できるようになっていますが、ブロッコリーなどにも含有されていますので、食事やサプリメントで摂取するようにしてください。それによって肝機能が改善されるかもしれません。

 

スルフォラファンの活性酸素の働きを弱める効果

 

老化を防ぎ遅らせること、さらに若く見せるための美容方法などでアンチエイジングという言葉を使われます。アンチエイジングとして内蔵、血管、血液、骨、肌などにも使われますが、そもそも老化の原因として大きく関係しているのが活性酸素になります。余分な酸素が活性酸素になり、細胞を酸化させ、細胞が酸化することによって老化や病気の原因となってしまいます。紫外線を浴び続けたり、ストレスや喫煙、生活習慣の乱れが活性酸素を増やす原因だといわれており対策が必要になります。

 

そこでスルフォラファンの出番ですが、この成分の働きの一つが活性酸素の働きを弱めるというものがあります。摂取すれば抗酸化酵素の生成が促されてグルタチオンという抗酸化物質が生成されますので、それによって新陳代謝が高まります。

 

アンチエイジングをするのはある程度の年齢になって若くなりたいと気にするようになってからですが、大事なのは若いうちからのアンチエイジングになります。一度シミなどが出来ると完全に消すのは難しいですので、若いうちから常に気にしておくということが非常に大事なことになります。若いうちから美容や健康に気をつけることによって年齢を重ねても維持することが限りなく可能になります。色々と症状が出てから焦ってもすぐすぐには改善できませんし時間もかかります。ちなみにスルフォラファンは抗酸化作用だけではなく、様々な効果がありますので健康にも非常にいい成分と言えます。食材でも摂取するということは可能ですが、それ以外にもサプリメントで摂取することも出来ますのでどちらにしても目安量を把握して摂取することをオススメします。

 

スルフォラファンはブロッコリースプラウトに多く含有されている

 

スルフォラファンはブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、ケールといったアブラナ科の野菜に含有されているのですが、その中でも多く含有されているといえばブロッコリースプラウトです。これは何かというと、スプラウトというのは発芽野菜のことであり、つまりブロッコリーの発芽状態で収穫されたものがブロッコリースプラウトになります。スルフォラファンを摂取したいと思っている方にとっては非常にオススメの食材になります。さらに豊富なのはスルフォラファンだけではなく、ビタミン、ミネラル、カロテンなども豊富に含まれていますので、これらの栄養も同時に摂取することができます。

 

このブロッコリースプラウトに関してですが、2つに分類されます。1つは一般的なものでビニールハウスで1週間程度栽培したもので見た目はかいわれ大根に似ています。スルフォラファンの量は通常のブロッコリーの10倍程の量が含まれているということを覚えておきましょう。そしてもう1つがブロッコリー・スーパースプラウトとも呼ばれており、これは外部と遮断した植物工場で3日間栽培したもので、見た目はかいわれ大根ともやしの中間くらいのものと考えておくといいでしょう。

 

もちろんどちらもスルフォラファンの含有量は非常に多いので、どちらか悩む必要はなく、自分の好きな方を選ぶようにしてください。栄養価も高い上に色々な健康効果を期待することが出来ますので是非、摂取することをオススメします。

 

スルフォラファンは脂肪肝に効果あり?

 

まず脂肪肝に関して知っておいて貰いたいのですが、これは脂っぽい食事が多かったりアルコールを頻繁に摂取することで肝機能が低下して、肝臓にコレステロールや中性脂肪が蓄積された状態のことを言います。肝臓の肥満症といわれることもアリ、肝臓病の一種になります。

 

では、脂肪肝になるとどうなるのかというと、放置すれば肝臓に異常が出てしまって代謝機能が低下します。そして血液がドロドロになることで動脈硬化を引き起こしてしまって高血圧、糖尿病、肝臓病などを引き起こしてしまう可能性が高くなります。さらに怖いのが、脂肪肝というのはほとんど自覚症状がないので定期的に健康診断などを受けないとわかりません。もし自覚症状が出てきたらそれはかなり進行している状態であり、最終的に最悪の肝臓病になってしまう恐れがあります。

 

ただ、それを知ったからといって簡単に食生活を改善するということは難しいと思います。禁酒をして栄養バランスを考えた食事を始められるという方は限りなく少ないでしょう。ですが、変えないといけないので少しずつ変えると共に、スルフォラファンという肝臓にいい成分を摂取することをオススメします。

 

ブロッコリースプラウトに豊富に含有されていますし、今ではサプリメントなどもありますので、そういったもので摂取するようにしてください。スルフォラファンを摂取することで肝臓の機能改善する効果がありますので、もし気になるのでしたら自覚症状がなかったり、健康診断で問題がなくても摂取し始めるといいでしょう。

 

ブロッコリーのスルフォラファンで酸化ストレス抑制

 

ブロッコリーを食べることで脳にいい効果があるという研究結果が報告されていますが、その理由はアブラナ科の野菜に含まれているスルフォラファンが関係しています。加齢によって酸化ストレスだったり感染症の炎症反応を引き起こしやすくなります。酸化ストレスや炎症というのは心臓や血管の疾患、またがんにも関係するので非常に注意が必要になります。

 

しかし、それらの解消にブロッコリーが有効であると言われているのをご存知でしょうか。ブロッコリーにはグルコラファニンという成分が含有されており、調理過程や消化過程でスルフォラファンに変化します。このスルフォラファンというのはイソチオシアネートという辛味と関係する成分の一種であり、摂取することで体内炎症に効果があるということがわかっています。具体的に説明するとブロッコリーを摂取すると抗酸化作用によってリポ多糖類が原因の炎症の抑制するとされています。さらに、酸化ストレスにもいいとされており、加齢によって増加するシトクロムb-245βという分子が減少するという結果も出ています。ただ、100%炎症の方は抑えられないので、そこは理解した上で摂取することをオススメします。

 

ちなみにこのスルフォラファンに関しては効果が高いことから今では人気の成分となっておりサプリメントなども販売されています。ですが、サプリメントより野菜から摂取した方が吸収されやすいですし、さらに野菜の中でも一番多く含有されているのがブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトですので是非摂取してみましょう。