ブロッコリーはガンや発達障害に効果がある

ブロッコリーはガンや発達障害に効果がある

緑黄色野菜の代表の一つとなるブロッコリーですが、見るからに身体によさそうですし、身体にいいということも知っている方も多いと思います。栄養素は非常に高いのはもちろんですが、それだけではなく、解毒作用があり特に肝臓に高い効果を発揮するということもわかっています。そしてさらに最近では自閉症を含めた発達障害に効果があると言われています。非常に高い効果があるブロッコリーについてどうしてこういった効果があるのかについて説明します。

 

まず歴史に関してです。キャベツの仲間。ブロッコリーの収穫をしたことがある方は知っていると思いますが、ブロッコリーはキャベツのようにおおわれているところを収穫前に見られます。日本にこのブロッコリーが渡来したのは明治時代であり、栽培されるようになったのは第二次世界大戦が終わってからになります。今のように日常的に食べるようになったのは昭和50年代後半からといわれており、歴史はかなり浅いといえます。

 

次にブロッコリーの種類ですが、茎ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、ロマネスコという種類があります。茎ブロッコリーというのは細長くて茎が細く柔らかく甘いというのが特徴であり、ブロッコリースプラウトはブロッコリーの新芽で見た目がかいわれ大根のようでスルフォラファンが豊富に含有されているという特徴があります。そしてロマネスコは日本ではほとんどみることがないでしょう。

 

含有されている栄養素は、炭水化物、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、βカロテン、葉酸、カルシウム、鉄分、マンガンでありかなり豊富な栄養素だといえます。摂取することでかなり多くの効果が期待できますので積極的に摂取するといいでしょう。