ブロッコリーは生より冷凍の方が栄養が高い

ブロッコリーは生より冷凍の方が栄養が高い

ブロッコリーというのは栄養が高く最強の野菜と言っても過言ではありません。さらにブロッコリーの茎も非常に栄養価が高いということを知っていますでしょうか。茎を捨てているなんていう方はこれをみて今後茎もきちんと食べるようにすることをオススメします。

 

また、冷凍することでさらにブロッコリーは高い栄養のある野菜になります。生で食べる方が栄養素が高い気がするとは思いますが実は違います。冷凍するとどのくらい栄養素が高くなるのかというと、さらに3分の2も高くなります。つまり1.5倍以上になるということです。

 

スルフォラファンも含まれているので効果に関しては抗がん、抗酸化、免疫力向上などがあります。ピロリ菌の殺菌効果もありますし、さらに美容効果がありますのでシミなどの改善にも役立ちます。そう考えると最強の野菜として認められるのではないでしょうか。

 

栄養素の詳細ですが、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE、ビタミンK、βカロテン、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、カルシウム、マグネシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、リン、クロム、食物繊維、スルフォラファン、グルコラファンが含まれています。かなり豊富な栄養素を含有しているのでそれだけ効果が高いものだといえるでしょう。

 

冷凍によって栄養価が高くなるということを伝えましたが、冷凍の方法についてお伝えします。まずブロッコリーを切って、一度茹でます。色が鮮やかになるくらいで水を切って急速冷凍をしてください。この際にアルミホイルなどに包んで冷凍するといいでしょう。ちなみにブロッコリーは食べ過ぎると副作用が出る可能性がありますので、そこは気をつけておきましょう。